青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁一杯で数十種の野菜摂取

野菜をたくさん食べたいと願っていても、実際に一日に必要とされている野菜の摂取量を満たそうと思ったら、相当な量の野菜を食べなくてはいけません。
そこで、ドリンクとして青汁を飲むということが一番効率が良く、手っ取り早い方法です。
家庭内で作ろうと思うと、何十種類もの野菜を入れることは難しいですし、毎朝それはできないと思いますから、やはり市販されている青汁に頼るのが早いです。
野菜嫌いだったり、普段野菜をあまり食べないという人であっても、これ一杯だけ毎朝飲んでいれば、必要な量の野菜が摂れるというものなので、とても便利で健康に良いものです。

実際、青汁の中に入っている野菜の例として、アブラナ科のケールや、ウリ科のゴーヤ、そして明日葉等が挙げられます。
ケールや明日葉等、いつもの料理に入りづらい食材も一気に摂ることができますので便利です。
これ以外にもたくさんの青野菜が入っている青汁が一般的です。

各飲料メーカーや化粧品会社、健康食品を取り扱っている会社等が参入してきている市場ですが、飲みやすい液体タイプのもの、スティックタイプで粉末状になっているものが多数あります。
メーカーによって、配合されている野菜の内容や種類も多岐にわたっています。

表示を見ながら、自分に足りない野菜は何か、どういったタイプのものが飲みやすくて続けられるかということを考えて選択できるとよいのではないでしょうか。

トップに戻る