青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

徹底解説!飲み方についてアドバイス

青汁は健康にも美容にも役立つ健康食品ですが、そのパワーを十分に引き出すためには、飲み方についてしっかりと意識することが大切。
飲み方を少し工夫するだけで、実感度が高まりやすくなります。

このページでは、そんな飲み方について詳しく解説しています。
ぜひ、参考にしてみてください。

継続することが何よりも肝心!

青汁の健康パワーを実感する為に欠かせない最大のポイントは継続。
長期間にわたって摂取を続けることが、満足度向上の一番のカギになります。

これができないと、なかなか満足のいく結果が実感できません。
一回飲んだだけでは、身体に良い働きを感じることができないのです。

実感までの大体の目安は3ヶ月ほどと言われています。
それくらい続けていくと、何かしらの変化を感じる方が多いようです。
もちろん、生活習慣の乱れを改善したり良質な製品を購入することができれば、もっとスムーズに働きを実感することができます。

※実感までの期間はあくまで目安です。

継続するためのコツ!

継続して飲み続ける…というのは簡単そうに見えて実は難しいもの。
ついつい飲み忘れてしまうこともありますし、なかなか結果が出ない場合は思わず投げ出したくなることもあります。
そんなことにならない為にも、予め「続けやすい製品」・「飲みやすい製品」を選ぶようにしましょう!

具体的におすすめしたいのは、明日葉を原材料にした製品。
明日葉がメインの原材料なら、味や匂いにクセがなく、スッキリと飲むことができます。
お茶のような感覚で飲めるのでおすすめです。

大麦若葉も人気の原材料です。
サッパリとした風味で、青臭さが少ないのが特徴です。

また、くちこみ情報をチェックして、飲み口についての感想をリサーチしておくのもポイント。
そうすることで、簡単に続けやすい製品を見つけることができますよ!

飲みにくい製品をアイデアでカバー!

万が一、購入した製品が飲みにくいものだった場合も、ちょっとしたアイデアで飲み口を改善することができます。
特に粉末タイプなら、簡単にアレンジできるのでおすすめです!
・ヨーグルトに混ぜる
・牛乳や豆乳に混ぜる
・料理の隠し味に活用する

などなど、アレンジ方法は多岐にわたります。

ただし、せっかく青汁を飲むのであれば、そのカロリーの低さを十分に活かしたいところ。
毎日、上記のアレンジで摂取すると、カロリーが気になってしまいます。
その為、やはり水に溶かして飲むのが一番のおすすめです。

味にクセがなく、続けやすい製品として人気を博している製品として挙げられるのが、ふるさと青汁です。
この製品は、お茶のようにすっきりと飲めることからくちこみでも高く評価されています。
メインの原材料は明日葉です。

摂取のタイミング

「青汁はいつ飲めば良いの?」
という質問をいただくことが多いのですが、基本的にはいつでも大丈夫!
生活スタイルにあわせて、自分の都合の良い時間帯に飲めばOKです。

毎日同じ時間に摂取することが理想的!
摂取が習慣になり、飲み忘れてしまうリスクがぐっと減りますよ!

また、食事の前後に飲むことができれば、さらにGOOD!
食べ物と一緒に青汁の栄養を吸収することができるので、よりスムーズに栄養価を吸収することができます。

トップに戻る