青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁は小さな子供も飲めるの?

 小さい子供は野菜が大の苦手で、喜んで食べる子は少ないですよね。
野菜の栄養分を毎日取ることが難しいです。
結構、野菜を買いに行くのって面倒です。
野菜の値段は高く、市場価格で値段も一定していません。
特に、雨が降った日の翌日は、びっくりするほど野菜の値段が跳ね上がってます。
野菜を買いたくても、値段があまり高いと考えます。
そんなときでも小さい子供でも美味しく飲める青汁があれば助かります。
青汁は手軽に取れる野菜の成分がたっぷりと含まれています。
青汁で気軽に野菜の栄養素を補給している人は多いです。
小さな子供が美味しく飲める青汁もたくさん販売されています。
こちらのサイトhttp://www.springfieldinternational.org/でも、お子様にオススメと解説しています。

 ただ乳幼児に青汁を与える時には、注意する必要があります。
青汁はアクが強い飲み物で、消化機能が発達していない赤ちゃんにはきつい飲み物です。
もし、与える場合でも大人の半分の量に減らして与えます。
小さな子供でも美味しく飲める青汁をいくつかご紹介します。

小さい子供でも美味しく飲める青汁

キューサイのはちみつ青汁

甘くて美味しくのめるので、子供に大人気。
原材料はケール。
ビタミン、食物繊維、鉄分、カリウム、リン、カルシウムなどが多く含まれ、その上、はちみつ入りなのでバランスが取れた栄養素の吸収率が良い。

アサヒの緑効青汁

原材料は大麦若葉。
冷たい水にもお湯にもさっととけて、子供から大人まで、美味しく飲める。
徹底した品質管理で安心と安全な青汁。
九州阿蘇山のふもとで育成した大麦若葉は、除草剤を使わず直接手で抜かれている。
独自のこだわり製法で自信の品質。

サントリー極の青汁

原材料は、大麦若葉と明日葉。
抹茶と煎茶味が含まれていて和菓子にも合うし、ミルクを混ぜて飲むと美味しい。
明日葉に含まれているビタミンEは、ほうれん草の含有量をしのぐ。
大麦若葉にはビタミン・ミネラル、食物繊維がたっぷりと含まれている。
ポリフェノール・ケラスチンが含まれていて、栄養素の吸収率はバツグン。

やずやの青汁

原材料が大麦若葉のみなので、栄養面では、少し低い。
クセがない抹茶風味の味。

トップに戻る