青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁は野菜の代わりになるのでしょうか

皆さん、野菜は一日にどのくらいの量を食べていますか。
一日の目標摂取量というものが設定されていて、それは350gといわれています。
これはどのくらいの量かといいますと、簡単に言って一日に5皿くらい野菜中心の料理を食べなくてはならないことになります。
これはなかなか難しい摂取量だと思います。

では流行りの青汁を飲めば、この一日分の野菜を摂ることはできるのでしょうか。
青汁のパッケージの多くには、一日350g分の野菜を摂ることができる!などと書いてありますが、実際は青汁だけでは一日の野菜摂取量をクリアすることができないといわれています。

どうしてかと言いますと、青汁を作っているメインの野菜は緑黄色野菜になります。
これは字の通り緑や黄色の野菜のことですよね。
つまり、大根やカブ、玉ねぎなどの淡色野菜は含まれていないので摂取できないことになります。
野菜はもちろんどちらも摂った方が良いわけですから、青汁だけでは不十分ということになりますね。

また、青汁の作り方によっては栄養素をそのまま配合できていないものもあるので注意が必要です。
やはり野菜はそのまま食べた方が良いですが、忙しいなど毎日摂れないこともあると思うので、青汁をうまく活用して野菜不足を補っていくのは良いことではないでしょうか。

家で食事ができる時はなるべく野菜をそのまま摂るようにして、外食になってしまう時は青汁を利用するなどいくらでも活用方法はあるはずです。

トップに戻る