青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁に含まれている成分って何?

 青汁には健康にいい成分がたくさん入っています。
どのような成分が入っているのかを見ていきましょう。
体に良いといわれている青汁ですが、青汁にはどのような成分が入っているのでしょう。
青汁はどんな製品を選んでも栄養価が高いので健康に良いという点では同じなのですが、メーカーによって、または原材料によっても若干成分の含有量が違うので、成分表をよく比較することが大事です。

 青汁の原料はケール・大麦青葉・明日葉などの緑黄色野菜です。
ビタミン類・食物繊維が豊富に含まれているので、美容と健康にとても効果的です。
青汁が健康維持・健康増進に効果的だということは広く知られていることですが、食物繊維も豊富に含まれているので美容に効果的です。
その上、鉄分も多く含まれてるので、貧血にも効果があります。

 青汁は女性にとっても、うれしい飲み物です。
ビタミン類も多く含まれていますが、食物繊維の含有量が、特にすごいです。
一日に必要な摂取量をほぼ満たしているので、野菜不足の解消になります。
便秘で悩んでいた人は便秘が解消され、腸内環境が整い、体の中からきれいになります。

青汁人気NO.1成分野菜の王様と呼ばれているケール

アブラナ科の野菜でキャベツのような形をしている。
栄養面を重視して青汁を選ぶのなら、ケールの青汁。
青汁の中でもミネラル・ビタミン類や食物繊維の含有量が抜群で、抗酸化力に優れたポリフェノールが含まれているので、病気になりにくい体になり、免疫力の強化につながる。

青汁人気NO.2成分大麦若葉

ビタミン・カロチンが特に多い。
ビタミンB1はほうれん草の約6.5倍、ビタミンCは、ほうれん草の約33倍も含まれている。
新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼しやすい体内環境になるので、ダイエットに効果的 。

青汁人気NO.3明日葉

セリ科の植物。
カルコン・クマリンなどの薬効成分を含む。
カルコンは、抗菌作用や発癌物質を抑える働きがある。
カリウムやカロチン、ビタミンも含まれている。

トップに戻る