青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

豆乳で青汁の美容効果を高めよう

青汁は野菜が不足しがちな日本人の食生活において、今や栄養補助食品としてなくてはならいものといっても過言でないくらいメジャーなものです。
青汁は一般的には水で割って飲むことが多いのですが、せっかくならば豆乳で青汁を割って飲む方法をおすすめします。

青汁は栄養価に優れた飲み物ですが、青汁に足りていない栄養分が「たんぱく質」です。
一杯の青汁の栄養バランスをより完璧に近づけるためには「たんぱく質」をプラスすることがおすすめです。

たんぱく質なら牛乳でもいいんじゃない?という声も聞こえてきそうですね。
確かにその通りなのですが、牛乳よりも低脂肪・低カロリーでそのうえ女性に嬉しいイソフラボンを含んでいる豆乳のほうが断然おすすめです。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た作用をもつことから、エストロゲン分泌量が減少し始めた更年期の女性にはもちろん、薄毛や抜け毛にお悩みの人にもおすすめです。
豊富なたんぱく質を含み、性ホルモンバランスを調整してくれるので髪の生えやすく育ちやすい頭皮環境を整えることに役立つのです。

また豆乳には、血中のコレステロール値をおさえて血液を健康にしてくれるサポニンという成分が含まれています。
青汁も血液サラサラ効果が期待できるものですが豆乳のサポニンとの相乗効果も期待できますね。

なお、ダイエットや美容面からみても青汁プラス豆乳はとても良いのです。
大豆レシチンという成分が新陳代謝を高めて燃えやすい体つくりのサポートをしますし、オリゴ糖をたっぷりと含んでいるため腸内フローラの改善、ひいてはデトックスに役立ちます。

このように青汁を豆乳で割って飲むメリットはとても多いのです。

トップに戻る