青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

徹底解説!原材料から選ぶ

青汁を選ぶにあたって、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。

その中でも、最も重要視したいのは原材料です。
青汁の原材料と言えば、当然「野菜」です。
しかし、使用される野菜の種類は多岐にわたりますし、産地もバラバラです。
毎日飲み続ける訳ですから、有機栽培されたものなのか、農薬が使用されたのかについても気になるところ。

このページでは、そんな青汁の原材料に使われている野菜の種類や特徴について詳しく説明していきます。

代表的な素材:明日葉

青汁の最も代表的な原材料として挙げられるのが明日葉です。
明日葉は日本原産の野菜で、八丈島などの暖かい地域に自生しています。

食物繊維をはじめ、様々な栄養素が豊富に含有されていて、特にフラボノイド類はたっぷり含まれています。
健康維持はもちろん、美容やエイジングケアにも抜群の実感度を誇る野菜です。

特に注目したいのは、カルコンという栄養素。
カルコンは明日葉だけに含有される栄養で、老廃物を排出する効果が期待されるデトックス成分。
さらに、血糖値を下げるパワーも期待されています。
これらの働きによって、血液がサラサラになるのがポイント。

ダイエットやむくみ解消のサポートに効果を発揮してくれるほか、身体の巡りを高めることによる冷え性解消やPMSの改善サポートに活用することができます。

カルコンの他には、ルテオリンという成分が含有されています。
ルテオリンには、利尿作用が期待されています。

また、ビタミンB群やビタミンEも豊富です。

そんな明日葉を原材料として使用している青汁の代表例として挙げられるのが、ふるさと青汁です。
明日葉の根・茎・葉を全て使用しているので、実感度は抜群!
コストパフォーマンスにも優れています。

代表的な素材:大麦若葉

大麦若葉は、ビールなどの原材料になる大麦を若葉の段階で摘み取ったもの。
SOD酵素という強力な抗酸化作用を持った成分のほか、鉄分やアミノ酸、食物繊維、クロロフィルなどが豊富に含まれています。
さらに、ビタミンCもたっぷり配合されています。

明日葉と同じくらい味にクセがなく、エグミが弱いのが特徴。
大麦若葉の青汁は、飲みやすく、続けやすいと評判です。
エイジングケアをしたい場合にも優れたパワーを発揮してくれます。

この大麦若葉を原材料として使用している青汁の代表例がふるさと青汁
ふるさと青汁には、明日葉だけでなく、大分県産・熊本県産の大麦若葉が配合されているのです。
もちろん、有機栽培されたものですから、安全性も確保されています。

代表的な素材:ケール

ケールは、ひと昔前まで最もポピュラーだった青汁の原材料。
緑黄色野菜の王様とも呼ばれるほどの優れた栄養価を誇りますが、味や匂いに強烈なクセがあるのが弱点です。
その為、最近では明日葉や大麦若葉を使った製品の方が人気があります。

トップに戻る