青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁に副作用ってあるの?

健康にとても効果的な青汁ですが、副作用はないのでしょうか?
中には青汁の副作用を心配する人もいます。
ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養が豊富でさまざまな病気に効果的で、万能な飲み物青汁に副作用はあるのでしょうか。
青汁は薬ではないので強い副作用というものはありませんが、青汁は野菜でできているので心配することがないようにも思えるのですが、アクが強く刺激が強い飲み物です。
体に自信がない人は、青汁の量を減らして飲むか、飲むのをやめるほうが無難です。中には、青汁を飲みすぎて、体の調子が悪くなったと言う人もいます。

丈夫な体になりたいと思って飲みすぎたりすると、胃腸を弱らせます。
便秘の人は、便がゆるくなってしまってとは、よく聞く話です。そんな時は青汁を飲む回数を減らすか、分量を減らして飲みます。青汁を取る分量を守ることが大切です。取りすぎるのは、かえって健康を害することになり、よくはありません。毎日少しづつ、のみつづけていくことで効果を実感することができます。

青汁にはカリウムという成分があり、青汁を飲みすぎるとカリウムが、体内にたまります。
健康に問題のない人は、尿といっしょに体外に排出されますが、腎臓を患っている人は、体外に排出できず、体の中にカリウムがたまってしまいます。カリウムは、塩分の排出や筋肉にあるエネルギー代謝を促進させるという大切な働きがあり、この機能が正常に働かないと高カリウム血症と言う病気を引き起こす可能性があります。腎臓を患っている人が服用している薬の効き目が弱くなり、かえって、症状を悪化させ、良くないことにもなりかねないので、青汁を飲むときは医師に相談して飲むようにしましょう。

血管に障害がある人も注意する必要があります。
心筋梗塞や脳梗塞をわずらって、病院にかかっている人が服用している薬の成分が、青汁に含まれている成分によって、効き目がよわまります。

青汁の副作用自体、はっきりしないことが多いのですが、とても効果がある健康食品ということだけに、見落とされがちです。病院にかかっている人は、自分の勝手な判断で青汁を飲むのは危険です。

こちらは青汁の効果について詳しく解説しているサイトです。
とても参考になりますので、ぜひご覧ください。

↓青汁の効果を高めてくれるサプリメント

トップに戻る