青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁で便が緑色になる?

健康のために青汁を飲み続けていると便が緑色になることがよくあります。
便は健康のバロメーターといわれるため心配になりますが、基本的には気にする必要はありません。
それは便が緑色になるのは青汁の原料の緑黄色野菜に含まれる葉緑素のせいだからです。

葉緑素に含まれる成分は胃でマグネシウムとその他の成分に分けられます。
マグネシウムは身体に吸収されますが、その他の成分は老廃物を吸着しながら腸を通過します。
身体の中でしっかりと働いた後に便と共に排出されています。
葉緑素の色素が緑色なので便が緑色になるのです。

便が緑色になるからといって青汁の成分が吸収されていない訳ではありません。
むしろ便が緑色になるのは腸のデトックス効果で腸内環境が整った証です。
ですから青汁に含まれる成分が上手く作用しているといえるでしょう。

ただ、青汁を飲むと必ず便が緑色になる訳ではありません。
青汁に含まれる原料、葉緑素の量、飲み方などで変わります。
また青汁には鉄分が含まれていることも多いので便が黒色になることもありますが、これも基本的には気にすることはないでしょう。

青汁には副作用はありません。
しかし青汁を飲んでいて緑色の便が出るたびに腹痛をともなう、下痢が続くなどといった不調が続く場合は飲んでいる青汁が体質に合っていないことが考えられます。
青汁の使用を一旦中止し、メーカーに確認、または医師に相談してみましょう。

トップに戻る