青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁は、妊婦さんでも飲めるの?

 青汁は妊婦さんに良い栄養素が取れるだけでなく、おなかの赤ちゃんにとっても大切な栄養素が入っています。
妊娠すると食生活が気になります。
できるだけ栄養価の高い食べ物をとりたいと思っても、なかなかそういうわけにもいきません。
果物や野菜を買ってあれこれメニューを考えるだけでも結構大変です。
青汁ならあれこれ考える必要もなく手軽に飲めて必要な栄養素を十分に取ることができます。
青汁は薬ではないので妊婦さんが飲んでも大丈夫と言われていますが、用法・用量は守るようにしましょう。

 妊娠するとお腹の赤ちゃんにも十分な栄養が必要になるので、妊婦であるお母さんが十分な栄養を摂取しなければなりません。
青汁には様々な栄養素が含まれているので、必要な栄養を取るのに最適です。

 青汁は薬ではないので、体に害になるようなことはほとんどありません。
製品によっては徹底した品質管理の下で作られているので、安心して飲むことができます。

 青汁を飲まない場合でも、野菜類は多く取る必要があります。
妊娠期には葉酸という栄養素が必要と言われています。
不足してしまうと乳児の先天性異常のリスクが高まります。
妊娠期に限らず、毎日取るように心がけることも大切です。
葉酸は野菜にも多く含まれていて、セロリ・ブロッコリーが含有量が多いです。
野菜以外ですと肉ならレバー、果物なら柿やバナナなどに多く含まれています。
野菜だけで必要な量を摂取するのはかなりたくさん食べないといけませんが、青汁だとコップ1杯で必要な栄養分を摂ることができます。

 他にも葉酸が多く含まれている食品は、ほうれん草・ブロッコリー・チンゲン菜などです。
果物ではマンゴーやグレープフルーツに多く含まれています。
過剰摂取しても尿や汗になって体外に排出されると言われていますが、妊娠時の1日の摂取目安量400μgは守るようにしましょう。

 妊娠してから必要になる栄養素ではなく、葉酸は貧血を助ける栄養素なので普段から摂取を心がけた方が良い成分です。
貧血と聞くと鉄分が思い浮かびますが、葉酸は赤血球を生成する大切な役割があり、葉酸が不足すると悪性貧血になります。
したがって、妊娠中は、十分な葉酸を取る必要があります。

 おなかの中の赤ちゃんとお母さんの健康にとって必要な栄養素で貧血予防、赤血球の生成に欠かせない栄養素です。
こちらのサイトhttp://www.puckineh.com/の解説も大変わかりやすいので、お勧めのサイトです。

トップに戻る