青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

青汁は実は美味しく飲める!

体に良いと分かっていても、青汁をなかなか習慣化できていない方も多いのはないでしょうか。
あの青臭い味が苦手、水に溶かすだけでは美味しく飲めない、毎日同じでは飽きてしまう等々、理由は様々だと思います。
キャンペーンでたくさん箱買いしてしまったが飲まずに放置…もったいない!青汁は意外にもいろいろな素材と相性が良いのです。

青汁は、緑の葉野菜であるケールやキャベツ等を絞ったもので、主に粉末で販売されています。
水に溶かす前提で商品化されたものなので、冷たいものにも溶けやすくなっています。

青汁特有のにおいがダメな方は、バニラのアイスクリームにかけるのがおすすめです。
抹茶アイスのような味になり、アイスクリームの甘みとミルクのコクで青汁のにおいが気にならなくなります。

アイスクリームのカロリーが気になる、冷えるから毎日は食べられないという方は、ホットミルクに青汁の粉末とハチミツをお好みで少量加えるといいでしょう。
抹茶ラテのような味になり、寒い時期にもピッタリのドリンクになります。
乳製品以外にも、サイダーやジュース、緑茶、ほうじ茶等、飲み物に混ぜても、それほど味の邪魔をせず、馴染みます。

お茶は少々香ばしい味になり、美味しくいただけます。
お茶やジュースに混ぜるだけなら忙しい朝でも簡単ですし、外食時やオフィスでも気軽に試せますね。
元は野菜から作られた青汁、まだまだ探せば美味しい飲み方が見つかるはずです。

体調がよくなるのはもちろん、自分だけのオリジナルの飲み方を開拓するのも楽しみに、ぜひ続けてみてはいかがでしょう。

トップに戻る