青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

野菜ジュースと青汁の違い

野菜不足に悩む人々の野菜不足解消のために青汁や野菜ジュースが注目されています。
青汁は粉末を水に溶いてジュースのように飲む様子が良く見うけられます。
同じく野菜をジュースとして飲むのものであるのに、青汁と野菜ジュースとは何となく区別されており、青汁の方が野菜不足の解消には効果があるようです。
何が違うのか比較してみましょう。

まず、法律的には区別はないのですが、原料や製法などで区別されているようです。

青汁は、ケールや大麦若葉など青汁特有の栄養価の高いものを原料として含みます。
粉末状のものでは、製法が工夫され、食物繊維や栄養素が原料に近い状態で摂取でき、なおかつ飲みにくさが改善されているという良さがあります。
以前は青臭さや喉越しの悪さのため「まずい」というイメージでしたが、はちみつを加えたり、青臭さやその他まずいと感じさせるようなくせが少ない原材料をブレンドすることなどで、随分と飲みやすくなっています。

野菜ジュースは、購入のしやすさ、すぐに飲めること、使用されている原料の種類の多さから見ると青汁より優れているように思われますが、大量生産ため原料を濃縮還元法という加熱処理を含む製法で作られており、熱に弱い栄養素や酵素は失われています。
生野菜では栄養分のビタミンCは酸化防止であったり、添加物として含まれています。
また、食物繊維は飲みやすさのため除去されて、かなり少なくなっています。
野菜ジュースは果汁や甘さのある野菜汁などが使用されており、青汁に比べカロリーが高くダイエットには向きません。

安全性の面を比較してみますと、国産のものや無農薬や有機栽培のものを使うことでは、青汁の方がこだわりがあります。
また、添加物など一切含まない青物原料のみの製品もあり、この点の何がよいかというと、妊婦や子供にも安心して取り入れることができるものがあるということです。
青汁のサプリメントでは、乳酸菌やプラセンタエキスなどの美容成分が添加されていて野菜不足以外での効果も期待できます。
これらの違いから、野菜不足の解消のためには青汁の方が効果があると言えます。

トップに戻る