青汁を徹底比較!賢く選ぶコツまとめ
メインイメージ

妊娠中も青汁を飲んで大丈夫なの?

妊娠中に青汁を飲んでも良いかどうかを悩む方がいらっしゃるかもしれませんね。
妊娠中に青汁を飲む場合は、青汁に入っている成分に注意をする必要があります。

注意しなければいけない成分には、糖分と抹茶、緑茶などがあります。
妊娠糖尿病が疑われる場合、糖分を取りすぎてしまうと血糖値が上がってしまうため、糖分の多い青汁はよくありません。
また、抹茶や緑茶などが含まれている青汁は、飲みすぎてしまうとカフェイン過多となるため気をつけなければいけません。
青汁を選ぶときは、これらの成分が入っていないものにしましょう。

青汁には食物繊維が豊富に入っており、便秘になりがちな妊婦さんにおすすめの飲み物です。
妊娠中に便秘に悩まされた場合、薬を飲んで便秘を解消するのは副作用の心配があるので控えておきたいですよね。
医薬品である便秘薬を飲むことで、お腹の赤ちゃんにもしものことがあってはいけません。
薬を使わずに便秘を解消したいのであれば、青汁を飲むことです。
妊娠中は葉酸の摂取が進められているため、ケールや大麦若葉、小松菜や明日葉など、葉酸がたっぷりと入っている青汁を飲むことで、生まれてくる赤ちゃんの先天性異常を予防することができます。
さらに、青汁を飲むことで妊婦さんに必要な鉄分やカルシウム、ビタミンCやベータカロチンなどを手軽にとることができます。
鉄分やカルシウムなどの栄養素を個々にとるのはなかなか大変ですが、一杯の青汁を飲むことでそれらの栄養素を一度に摂取できます。

トップに戻る