青汁には、どんな種類があるの?

原材料による違い

【ケール】
キャベツのような形をしているアブラナ科の植物 ケール独特の青臭い匂いがしますが、ケールは野菜の王様といわれていて、ビタミンA・Cが豊富で食物繊維も多く含まれています。
青汁の中でも栄養価は一番高いです


【大麦若葉】
原材料が大麦の若葉でできている青汁で、一番人気があります。
若葉には、豊富な栄養素がたっぷりと含まれています。
ケールでできた青汁よりもクセがない美味しい味で、初めて青汁を飲む人や小さなお子さんに向いています。


【明日葉】
明日葉は日本が原産国です。栄養価が高い上、飲みやすい青汁で、老若男女問わず、
小さいお子さんにもよく飲まれています。


【よもぎ】
体を温めるという効果があるので、特に女性特有の病気の症状に困っている
方にお勧めの青汁です。


【桑の葉】
古くから薬効の強い葉として知られていて、生薬として利用されていました。食物繊維が多く含まれており、ミネラルのほかにフラボノイドやギャバも含まれています。血糖値を下げる働きの成分が含まれていますので、血糖値が高い人にお勧めです。

 

※緑黄色野菜に緑茶がプラスされた、フレッシュな青汁もあります。
緑黄色野菜の栄養素だけでなく、緑茶の有効成分も取ることができます。青汁独特のくせのある  いやな匂いや味が抑えられて飲みやすくなっています。
青汁の効果はたくさんありますが、その中の育毛効果にあります。
加齢とともに悩まれる方も多くなると思いますが、薄毛の予防に青汁以外に育毛シャンプーが良いのを知っていますか?
育毛シャンプーの効果や人気の育毛シャンプーや育毛剤ランキングがこちらにありますのでご覧ください。

 

形状による違い

【冷凍タイプの青汁】
液体をそのまま凍らせたもので、栄養価は高いのですが、青汁独特のクセがある匂いと味がして飲みにくいタイプの青汁です。

【粉末タイプの青汁】
青汁を乾燥させて、粉末にして飲みやすく加工したものです。スティック状の粉末のものは携帯にも便利です。

【サプリメントタイプ】 錠剤になっているので、口の中に青汁のいやな匂いが残ることもなく、スティック状のものと同じで、携帯に便利です。

※ そのほかにも、この青汁の育毛効果解説サイトや青汁比較ランキングなどに書かれているようにフリーズドライされたものやジュースタイプのものもあります。